組織改革を進める上で、制度や仕組みを整えるだけでは効果の最大化は期待できません。
実際に制度や仕組みを運用する社員が、必要性、重要性を理解してこそ、運用効果が最大化すると私たちは考えます。

組織のリアルな現状把握、
社員の本音を引き出す“全社員面談”
“全社員面談”

一般社員様90分/1名、幹部社員様120分/1名のお時間をいただき、
一人ひとり詳しくお話をお伺いします。

全員の声を共有し、未来に向けて
一致団結する“意志統一研修”
“意志統一”

取材結果の共有及び、歴史の変遷、今置かれている現状、
そしてビジョンを共有し、今取り組むべきことを自ら考え、
共通見解を持つことで、後の施策実行効果を最大化します。

“プロジェクト活動”

会社ごとに重要テーマは異なります。
意志統一研修における社員の声を具現化したものがプロジェクト活動です。

これまで“社員の声”から
誕生したプロジェクト

「社員参加型」の意義

= ①主体性・リーダーシップ・実行力

目的を深く理解していることから、施策の精度が高く、
自ら考えた施策のため、実行力が最大化される。

= ②再現性

誰かに押し付けられたものではなく、自ら考え、実行し、改善を繰り返す
サイクルを頭で、体で覚えることで、再現性が生まれる。