全社員が納得し、未来に向かって走り出す事業承継コンサルティング

事業承継とは

事業承継の種類

事業を承継する方法は、大きく3つに分かれます。

事業承継の実態

かつては親族承継による事業承継が9割を占めていました。しかし、近年では後継者の不在という問題や事業の先行き不安から、親族承継の割合が6割程度まで下がり、M&Aによる売却や、廃業という選択を取る経営者が増え始めています。また、その傾向を受け、事業承継の際に、M&Aを推奨するコンサルティング会社が増えています。一方で、親族承継や企業内承継を考えている経営者にとって、世代交代に特化した専門的なコンサルティングを提供できる会社は存在しておらず、最適なサポートを受ける環境が不足しています。故に、これまで数多くの事業承継の失敗が起きていました。

事業承継で陥りがちな失敗

「カリスマ性を持った創業者社長が従業員を引っ張っていく」という経営スタイルから、二代目を中心としたチーム経営に移行していくにあたって大切なことは、「経営者・後継者・従業員の全員が、本当に納得できる事業承継を行うこと」です。

まずは、承継の準備として、世代交代後の会社の未来像を描き、共有すること。そして、共有プロセスを通じて、全員で取り組んでいく雰囲気を社内につくり上げていくこと。

事業承継に取り組むための環境づくりが、事業承継成功のためのポイントです。

事業承継で成功させる秘訣

コンサルティングの成果

アイアルマーズが成果を出せる理由

現場スタッフがアドバイスを受け入れやすいこと

アイアルマーズのコンサルタントの多くは、現場のスタッフと同世代です。有名なベテランコンサルタントで
あれば反発してしまうようなアドバイスも、同世代のコンサルタントであれば素直に受け入れるケースがほとんどです。
実際、現場でもスタッフにとって身近な存在として親しまれています。

世代間ギャップが理解できること

事業承継を成功させるためには、世代間の価値観のギャップを常に観察することが必要です。アイアルマーズでは、
全社員面談を通じて、従業員の価値観のバラつきを把握。会議や研修時には、価値観のギャップを埋めるために
行動し、各世代のパートナーとして事業承継を支えます。

全社員と円滑にコミュニケーションが取れること

全社員面談では、各社員の考え方や現状の問題をヒアリングできるということに加え、社員の皆様と話をしたことが
あるという状態になることができます。全社員と面識があることで、全員と円滑なコミュニケーションを取れるように
なり、会議や研修の効果の最大化につながります。

成功のポイント

お客様インタビューはこちら

電話でのお問い合わせはこちらから 資料のご請求はこちら